学費を補うためにカードローンを利用しました

ハブラシを持った歯のイラスト病院の事務員としてフルタイムで働いて四年目の時のことです。
職場で周りを見て国家資格を持っていないのは事務員だけだということが気になり始めました。
私にも何かとれる資格はないかと考え、歯科技工士という仕事に興味を持ち、夜間の専門学校に病院で働きながら入学をしました。

入学金60万円はボーナスで払い、一年間の授業料60万円は病院の給料から毎月5万円ずつためて払っていました。
三年目になり、専門学校の友達は昼間は歯科医院や技工所に勉強に行きはじめました。
わたしも行きたかったのですが、学費を払わなければならないので、なかなか病院を辞めることができませんでした。

しかしちょうど歯科医院を開業する先生と知り合い、そちらにお世話になることになりました。
ただ、見習い期間中。
まだ、国家資格はないので、給料は5万円ほどです。

これでは学費を払うことができない。親にも頼りたくない。
どうしようかと迷ったすえ、銀行でカードローンを借りることにしました。
審査に通るか心配だったのですが、その時はまだ病院を辞めておらず、県内でも従業員数トップの大きな病院だったこともあり、すぐに借りることができました。

借りてから少しして病院をやめて、歯科医院で働くことになりました。
おかげで病院の退職金と、カードローンで借りた30万円で三年目の学費を払うことができました。

その後、無事国家資格をとって卒業でき、歯科医院でそのまま就職もできて、毎月5万ずつ返済しました。
あの時は本当に借りてよかったです。
もしカードローンという手がなければ、仕事をかけもちするしかなかったと思います。

金融業者選びは重要だからこそ慎重に。

長財布私は実際にいくつかの金融業者から、キャッシングをした事がありますのでその経験からポイントを解説します。
まずは、カードローンやキャッシングと言いますが、大きく分けて2つの業者に分けることができます。

1つは銀行系の金融業者、もう1つは、消費者金融系の金融業者です。
2つの業者には違う部分がいくつかあります。

まずは金利です。
当然ですがカードローンもキャッシングもお金を借りたら返さなければなりませんが、その時に重要なのが金利です。
当然金利が低い方が返す額が少なくて済みます。
一般的には、銀行系の金融業者の方が金利が低い場合が多いが、業者やサービスによっても異なっています。
ですから、必ずお金を借りる前にしっかりと金利を確認しておく必要があります。

次に違う点が、借入限度額です。
消費者金融系の金融業者よりも、銀行系の金融業者の方が限度額が大きいのが一般的です。
大きな額を借りたい場合は銀行系の金融業者を選ぶのがお勧めですが、一定額以上を借りる場合は収入証明等が必要になりますのでその点に注意しましょう。
基本的に総量規制により年収の3分の1以上の借入は出来ません。

いくら必要なのかを明確にしておき、借りすぎないようにすることも大切です。
また、私の経験からですが返済日が決まっているものはよく確認した方がよいでしょう。
私は給料日が月末なのですが、毎月の支払いが27日になっていたのでお金のやりくりが大変でした。
必ず自分の給料日と返済日を確認しておきましょう。

カードローン利用前に必ず立ち止まること

stopの標識カードローンを利用していた私がお伝えしたいのは、カードローン利用前には必ず確認作業が必要ということです。
確認作業というのはその会社のカードローンの年利率や返済額、また返済日等、最初の利用時から発生すると思われる契約内容です。

私もそうでしたが、お金を借りる時点で切迫している状況なので契約内容をあまり見ずに、借りられると思ったらすぐに契約という方が多いと思います。
「数あるカードローン会社中から当社を選んでいただきありがとうございます」とカードローン会社から言われます。
何十、何百とある会社の中から選ぶのですからやはり少しでも返済額が少ない方がいいですよね。
でもその時すぐに借りられるという安心感で、すぐに利用に至るという人がとても多いのです。
カードローンを利用する前には、必ず立ち止まってこの会社でよいか見直すことが大切です。

結婚式の祝い金や学習資金、急な出費等で全うな理由があれば大丈夫ですが、一番危険なのはギャンブルや投資の為に借り入れをすることです。
「無くなったらまた借りればいい」と思ってしまったら最後、歯止めがききません。

私の場合は急な出費で要りようだったので3ヶ月で返済しましたが、知り合いの話を聞くと競艇にはまって借金を重ねて300万円近く返済額が残っているそうです。
この人も最初は少額の借り入れだったので利用する際は今一度本当に今必要なお金なのかと考えて利用しましょう。

キャッシング業者は、銀行?消費者金融?

$マークの袋とコインカードローンなどのキャッシングをするための、業者選びのポイントは、利息の低さも、大事なポイントですが、借入希望額や、職業により選ぶといいです。

1.消費者金融カードローンと銀行カードローンの違い
●消費者金融カードローン
総量規制の有無が大きな違いになります。この総量規制とは、年収の1/3を借り入れの合計が超えないように規制する法律です。この法律により、多額の借り入れができないようになっています。
●銀行カードローン
銀行カードローンは銀行法の適用ですので、貸金業法の総量規制が適用されないため、多額の借り入れを希望されるかたには、オススメです。

2.職業により申し込み可能かどうか?事前に確認をしたうえで、申し込みをする。
●会社などに勤務し、安定した収入がある。
●専業主婦だか、配偶者に安定した収入がある。
●アルバイト、パート、派遣 など
●年金受給者

3.審査回答までの時間、即日融資
銀行カードローンは、自社ではなく審査を保証会社に委託している場合があり、消費者金融のほうが早い場合もあり、即日融資など、いそぎの場合は、やはり消費者金融がオススメです。

4.審査の通りやすさは
銀行カードローンでも、審査は消費者金融が行なってる場合もあり、どちらもそんなにかわらないです。

5.在籍確認はあるの?
通常は在籍確認は行われます。ですが、一部の消費者金融では、在籍確認の電話をしないところもあります。

6.保証人はいるの?
銀行も消費者金融も、いりません。

審査は何度もすれば印象も悪く、審査ブラックになります。あとは、利息が低いところ選び、申し込みをしたらいいです。最近は、無利息キャンペーンなどを一定期間している業者も増えてきています。

金融会社の利用でGETした就職内定

赤いくるま私は、二年ほど前にアイフルから20万円程お借りしたことがあります。
大学4回生で就職活動の時期であり、私が面接を受けて内定を出してくれそうな会社から要運転免許との通達がありましたが、その時の私には免許を取れるほどのお金の余裕がなくて困り果てていました。

親に借りようにも当時の私は親とほぼ絶縁関係となっていたためそのようなお金のことを頼むことができない状況にありました。
そこで、金融会社であるアイフルに利用申し込みをしたのですが、アルバイトの安定した給料を提示すると審査に通って融資していただけることになりました。
私は、融資のお金を使って免許を取得して、希望していた会社にも内定を頂くことができました。

アイフルから借りていたお金も毎月バイトで貯めたお金で返済をして行って、一年ほどで完済。
返済するのにもコンビニや提携先atmを使えるので、どこでも簡単に返済することができたので苦になったことはありませんでした。

月々の返済金額も自分に無理がないような金額であったため、きちんと無理なく完済することができました。
自分が実際に利用するまでは、金融会社にあまり良い印象はありませんでしたが、自分の人生を変えるお金を融資して頂いたので今までのイメージとはガラリと変わりました。
ちゃんとした理由があるのであれば利用してみることは悪いことではないと今は思っています。

会社によって違うカードローンの印象

高級な補正下着仕事を初めたさきで知り合った同僚からの紹介で下着を購入することになりました。
その当時の私にとっては20万円はとても大きな額で、まとまった金額を持っていなかったのでとても困りました。

他のみんなはリボ払いで買ってると言う話をされポイントもつくとゆうことでカードローンを利用しました。
カードローンは使ってもお財布からお金が出ていく訳ではないので、使った気がしないのではというイメージで作るのが怖かったです。

リボ払いの感想は1ヶ月に引かれるお金は少ないけど、なかなか返し終わらないという点です。
当時は月五千円でその他に利子がついて八千円ほど払っていました。
払っている金額と、期間も決まってないのでずっと払い続けている気分で私には合わないなと思いました。

結局最後には、残っている分を電話してまとめて払いました。
それからは一括設定に切り替えましたが、その後使う機会もないので利用は考えていません。
リボ払いはもう使用しようとは思わないです。

ですが、結婚した相手が楽天カードを利用していて、その人は一括決算の利用していました。
新婚旅行やほかの買い物を、そのカードで行っています。その他にも楽天ポイントはいろいろな場面で貯めることができるのでカードによっては、特典やポイントでオトクになるケースもあるようです。

そのポイントのおかげで自分の買い物もできたのでとても満足です。
会社によってこんなにもかわるのかと勉強になりました。

いつまでも終わらない、リボ払い返済

負債の荷物を抱える男性私が20代の時、当時私は風俗遊びに狂い、週に3回、週末は1日に数回も風俗店に通っていました。
当然、自分の給料だけでは費用を賄えない状態。
いけないと思いつつ、クレジットカードのキャッシングに手を出してしまいました。
キャッシングで現金を入手して風俗に行き、現金がなくなったら、キャッシングの繰り返し。

当初1回払いで返済をしながらキャッシングを繰り返し、風俗遊びも繰り返しました。
次第に毎月のクレジットカードのキャッシング返済額が膨れ上がり、1回払いでは返済できない金額に。
そこへ「リボルビング払い」の悪魔のささやきの声が、徐々に大きくなりました。
2ヶ月間はそのささやきに抵抗できたのですが、3ヶ月目にはクレジットカードのキャッシング返済額が、自分の給料だけでは返済できない金額に。

ついに悪魔のささやきに負けてしまい、クレジットカードのキャッシング返済をリボ払いに。
リボ払い期間中、返済した元金の分だけ、再度、キャッシングできてしまい、キャッシングしたお金でまた風俗遊び。
やがて自転車操業も行き詰まり、クレジットカードのキャッシング返済を2回滞納してしまい、クレジット会社からカードの返納を求められました。
返納する際、クレジット会社側から「毎月、一定金額のリボ払いの返済で」と打診があったが、当時自分がいくら借金が残っていたか、分かりませんでした。

ここから毎月のリボ払い返済が始まりました。
狂ったような風俗遊びは止めました。
でも半年経っても1年経ってもリボ払い返済は終わりませんでした。

実家の両親へのリボ払いに対する言い訳を考えるのに苦慮したりもしました。
1年半経っても、2年経っても、リボ払い返済は終わりません。
自分はいくら借りていたのか? いくら返済できているのか? いくら借金が残っているのか?
いくら考えても、答えは出ませんでした。

答えが出ずもやもやした状態の中で、毎月のリボ払い返済を繰り返しました。
結局リボ払い返済が終わったのは3年後でした。
調べてみると、リボ払い返済ではかなり高い金利を支払っているではありませんか!

これが分かって、人生、半分損した気持ちになりました。
狂った風俗遊びを1年以上、そのつけを払うためのリボ払い返済が3年以上、合計5年に亘る、長くて高くついた人生の
授業料でした。

借金で今苦しんでる人も、決して「リボルビング払い」の悪魔のささやきに負けないようにしてほしいです。

キャッシング業者の選択ポイントはこんなところ

時計とお金キャッシングをするときのポイント三カ条となるのは、まずは金利、その次に手続きの簡単さ、そして、返済の簡単さではないでしょうか。
キャッシングは、借りたお金を返すのが前提ですので、一番気になるのは金利です。

ブラック金融のように金を借りて金利が膨らみ、地獄に落ちるのは誰しもが避けたいところです。
キャッシング業者選択の1番のポイントは、まず金利です。
最近は、銀行のカードローンなどが増えてきて、安心して低金利でお金を借りる事が出来るようになってきて利用しやすくなっています。

次にポイントとなるのは、手続きが簡単か面倒かという点です。
使用目的が決まっていたり、多額の金を借りる時には、銀行に赴きローンの契約を行いますが、キャッシングとは金が足りなくなった時に一次的に利用するのが普通です。

そのため手続きが簡単な方が良いですが、金融業者もどこの馬の骨か分からない人間には金は貸せませんから慎重に審査をしています。

最後の返済の簡単さというのは、金を返す時にわざわざ窓口まで行かない返済出来ないなどと面倒な手続きでは必要かどうかということです。

コンビニのATMなどと連動しており、返したい時に簡単に返済ができると非常に使い勝手がよく便利です。

オペレーターの女性が丁寧!

コールセンターの女性今年のお盆休みの際、旅行や飲み会等で出費が重なってしまい、手元にお金がない状態になってしまいました。
それまでは、一度もカードローンを使ったことがなく、利用するのに抵抗がありました。
しかし光熱費の支払い等で、どうしても現金が必要となったので、カードローンの申し込みを検討し始めました。

様々なカードローン会社の中から、私はプロミスを選択。
理由は、ネットから申し込みができ、かつCM等の広告でよく見かけた為、信頼感があったからです。
早速、スマートフォンを使って、プロミスに申し込みをすると、専属のオペレーターの方が、迅速に対応してくれました。

このときのオペレーターの方が非常に丁寧に説明をしてくれたので、それまでのカードローン会社に対するイメージが覆りました。
審査に関しても、借入金額が5万円だったので、収入証明書なしで手続きを進めることができました。
その後、無事に審査を通り、お金を借りることができました。

カードローンは、一度審査に通ってしまえば、その後は借入限度額以内で何回も借入ができます。
その点では、自身の家計をコントロールするのに非常に使い勝手が良いものです。

また、月々の返済額を低めに設定することもできるので、家計が厳しい時は少なめに、余裕があるとには多めに返済すると収支のバランスがとりやすいです。

カードローン会社に対して、あまり良い印象持ってない方も多いと思います。
しかし大手のカードローン会社は、手続きの明瞭さ、コールセンターの丁寧な対応等、非常に利用しやすい環境が整っています。
急な出費が出ても安心ですので、臆せずカードローンを使っていただけたらと思います。

初めてのキャッシングと立地による選び方

歩く人のアイコンキャッシングを初めて利用する場合、わからないことだらけです。
どうやってお金を借りるのかどうやって返すのか、その辺りをいくつか例を挙げながら話していきます。
アコムやプロミス、アイフル等CMでもよく見かける大手キャッシング業者にはほとんど無人契約機と専用ATMが存在します。
電話やネットで申し込みをすると審査が終わり次第直接指定した口座へ振り込んでもらうこともできますが、返済に関しては専用のカードが必要になりそのカードは郵送で送られてきます。
しかし同居家族にキャッシングしている事実を隠したい場合や出先ですぐにキャッシングを利用したい場合等は無人契約機を使うと良いでしょう。

無人契約機では、個室でオペレーターと通話をしながらその場で必要書類等を提出しすぐにカードを受け取ることができます。
そして無人契約機の近くに専用ATMが設置してある場合が多いです。
無人契約機で契約が完了したら専用ATMでお金を借りましょう。
また、専用ATMでなくてもコンビニのATMでもカードは利用できます。
ですが、大手キャッシング業者でもレイクを除くほとんどがコンビニのATMを利用の際に手数料がかかります。
微々たる金額ですが借金をしている以上馬鹿にはできないので少しでも節約するようにしましょう。

キャッシングで借りたお金を返済する場合、こちらは基本専用ATMかコンビニのATMになります。
操作方法は銀行の口座の扱いと大差ないので、普段から使っている人なら全く問題ないでしょう。
ですが前述の通りコンビニのATMでは手数料がかかります。
なのでキャッシングを利用する際に意外と大事になってくるのが、自宅や職場の最寄りにはどこのキャッシング業者のATMがあるかになります。
借入金額が数十万円の場合は金利がだいたい18%前後であり、差があったとしても0.2%とかわずかです。
もちろんこのわずかな差も大事なのですが、例えば自宅の近くにアイフル(金利18%)のATMがあるけど、歩いて20分すればプロミス(金利17.8%)のATMがあるし、ちょっとでも金利の低いプロミスで契約しようと安易に決めるのは危険です。

実際に返済を繰り返していくとやはり近い方が便利ですので、20分歩くのが面倒くさくなって結局コンビニのATMを利用して返済するなんてことになってしまっては、せっかく金利の低いところを選んだ意味がなくなってしまいます。
数円のために労力は惜しまないという倹約家の方なら問題ないでしょうが、そもそもそのような考え方の人はキャッシングを利用しないですよね。
なので、初めてキャッシングを利用するならばATMが自宅や職場の近くにあるキャッシング業者にしましょう。