カテゴリー別アーカイブ: カードのアレコレ

銀行系と消費者金融系どちらが得か

何枚ものクレジットカードカードローンは銀行系カードローン、消費者金融系カードローンがありますが、自身の経験上初めてのキャッシングなら銀行系がおすすめです。
金利が消費者金融系に比べて若干でも低いのはもちろんですが、総量規制の対象にならないというのが大きかったです。
ちょっと前に銀行系カードローンの貸しすぎが問題になったので、今後はどちらも同じ条件になるかもですが…。

私が初めてカードを作った当時は年収が200ちょっとだったので、規制の対象になる消費者金融系だと希望通り借りれたとしても年収の3分の1までなのでせいぜい70万しか借りれません。
でも銀行系のカードローンは規制の対象にはならないそうで、100万ほど借りることができました。
まとまったお金が必要で、ほかに借入がない場合はまずは銀行系から申し込むことをおすすめします。

しかし、消費者金融系にくらべ、銀行系の方が厳しいイメージがあります。
私も追加で借入が必要になったとき、2枚目のカードローンを申し込もうと思ったのですが、その時はネットでの仮審査であまりいい結果ではなかったので、消費者金融系のカードにしました。
金利は多少高くてもどうしても必要な時に借りれる可能性が高いので、他に借入のある人や仕事に就いて間もない人などはこちらの方がいいかもしれません。

ただ、複数借り入れがあってもきちんと返済してる人やしっかりした企業に就職してる人は条件が厳しいところでも通る可能性は十分あると思いますので、トライしてみてはいかがでしょうか?
逆に返済が滞ってたりする人はいくら審査に通りやすいといわれる消費者金融系でも厳しいと思います。
私はどちらからの借り入れも経験がありますが、対応はどちらも丁寧・親切でした。

レイクのキャンペーンで無利息に

無利息のイメージこの間、初めてキャッシングを利用させていただきました。
私は、節約にいそしむ専業主婦なのですが、もろもろの事情により、貯金はゼロ…。
夫は自営業を営んでいますが、収入の波が激しいので、数か月前、友人の結婚式と自動車の車検が重なってしまい、9万円ほどたりなくなったのがきっかけでした。
カードローンやキャッシングのイメージは、それまではあんまりよくなかったので、結構慎重に調べ、少しでも安心できるところ、お得に借りれそうなところを探して利用しました。
キャッシングの会社には色んな会社があるのはもちろん、まとめサイトなんかも使って比較検討してみると、金利の高い低い、借りやすさ、会社の特徴なんかについてもいろいろあることがわかって面白かったです。

調べていくうち、自営業と専業主婦の組み合わせだと、審査に通りにくいような記述もあったので不安になりました。
金利も、安くは借りられないようでがっくり…。
けれど、初めての利用であれば、1か月間無利息で借りられ、審査も通りやすいという大手の会社もあるようで、少しホッとしました。

レイクでは、ほかにも、5万円なら180日間金利が無料になったり、支払った分の金利がキャッシュバックされるキャンペーンなんかもあって驚きです。
有名どころの安心感と、キャンペーンの充実具合で、初めてのキャッシングはレイクに決めたのでした。
1か月間分の利息がタダになるというのはとてもありがたく、私のなかではキャッシングのイメージはよくなりましたね。
おかげで、友人の結婚をお祝いできたし、車のメンテナンスもばっちりです!

次の月には、多めの収入が見込める月だったのがラッキーで、次の月には完済できたので、本当に無利息で借りることができ、とても助かりました。
計画的に利用するなら、手続きは簡単だし、いいのかもしれないですね。

銀行系ローンは借りるときだけラッキー

電卓とお金約3年前の話です。複数の消費者金融からの借金もあり、おまとめローンという名目で、楽天銀行から300万を借りました。
銀行系のローンは消費者金融からの融資との違いもあり、年収の3分の1という制限がありません。
金利も9%台と低く設定されており、消費者金融よりも金利が低いのが特徴です。
無理かもと思いながらも一か八か申し込みました。

私の年収は600万円ですので、約半分の借り入れです。
他にもカードローンや銀行からの借り入れなどもありましたが、審査に通りました。
当時は正直驚きました。
消費者金融からの融資については、楽天銀行から借り入れた300万円から返済しました。
300万円の月々の返済金額は最低4万円で、その内、利息が約3万円です。
単純に考えても年間に30万円近くが利息にまわります。

前にも書きましたが、他の借り入れもあったため、だんだん自転車操業という状態になりました。
楽天銀行から300万借りたお金で消費者金融からの融資の返済を行ないましたが、手元にお金が無くなってくると、また消費者金融から借りるわけです。
年収が600万円ですから、その3分の1、3社から合計約200万円をから借りることになりました。
結局、消費者金融から借りていた時以上に借りることになってしまいました。
毎月の収入は増えるわけでもなく、当時、小中学生だった子どもたちも、中高生になり、当然出費が増えます。
車も買い替えの時期ですが、14年前に購入した車もまた車検を通しました。

生活設計が出来ないと妻は頭を抱えております。
銀行系ローンからの借り入れによる多重債務は社会問題にもなっています。
私の様な人間がどの程度この日本に居るかは知りませんが、普通に暮らしている人を見ると、恨めしく思うことが常々あります。
安易に銀行系ローンに手を出すと非常に危険です。

大切なのは用途を変えない事、間違えない事

頭抱えて悩む男性まずカードローンやキャッシングを利用する理由、用途が様々あると思います。
どんな理由であれ、現在の自身で負担出来ないという判断から利用すると思いますが、特に気を付けて欲しいのは借りた理由以外の用途で使わない事です。

計画的な利用でない場合、言い換えれば計画的な金銭管理が出来なくて借りた場合、10万円を〇〇に使う予定が□□に使ってしまい足りないという事態に陥る事が考えられます。
そもそも事前に返済出来ないことを想定して利用はしないと思いますが、実際に金銭感覚は本当に固い意志を持たなければ変えることが出来ないというのは私が経験して分かった事です。

別の用途で使ってしまい、足りなくなれば確実に追加で借ります。
そして遂に自身の収入では返済が困難になろうかという所で止まり、後悔と共に苦しい返済生活です。
これも経験済みです。
経験したからこそ振り返ればやはり用途を変えない、間違えない事が大切だと言い切れます。

その点からカードローン、キャッシングを利用するにあたり準備として先ず使い道を決めることが大切です。
これは使う金額を可能な限り細かく予想しておき、現実的に自分が使えるお金はどれだけあるのかを知っておく為です。
次に自身の収入から返済を見据えた上での生活費、交遊費などを予め計算しておく事。
どれも当たり前の事ですが借り入れをしている人は、ここが欠けている事が多いのではと思います。

自身も本当にしっかりと計算をせずにしてた生活を省みると、明らかに自身の収支バランスでは賄いきれない生活レベルであったり、金銭感覚である事を実感しました。
これを事前にしておけばそれ程、大きな火傷はしないかと思います。
全て経験談から来る内容であり、計画的な金銭運用が出来る方にとっては理解の及ばない話だと思います。
ただ同じ感覚でキャッシングなどをしてしまう方も少なからずいると思うので、あくまで一例として頭に入れて貰えたら幸いです。

負の連鎖に巻き込まれたら最後まで終わらない。

お金の怖さのイメージ初めの利用は、以前からクレジットカードのキャッシング等で返済が月々約3万円あったのがきっかけでした。
返済の金額が準備できず、消費者金融から借り入れをすることを決意しました。
月々の返済もそんなに負担にならないと思い借り入れをしたのが、間違いだったと思います。
最初の申し込みは5万円借りました。

一度申込を完了すると、後はわざわざ店頭の無人契約機の所に行かなくてもコンビニでも借り入れできて、とても便利な反面、計画的に利用していかないと直ぐに借金を増やす環境が整ったのです。
これで終わると思っていたのですが、また返済が迫ってくるとキャッシングを繰り返すようになりました。
その為、何かお金が必要になるとすぐ借りるようになりました。
お金があると勘違いしていた自分がいたのかもしれません。

そうすると負の連鎖でちょっとづつ借入金額も増えてきて、気づけば限度額まで借り入れをしていました。
月々の返済も難しくなってきて思いとどまったのですがまた、他社からまた借り入れを行おうとしていました。
毎月、返済日に怯えて過ごすようになっていました。

返済日が近づいてくると怖くなり、催促の電話も携帯にかかってきて、用意できないので無視していると家にまでかかってくるようになりました。
最終的には催告書も届き、こちらから返済は厳しいと言い、最低でも利息分だけでも払って勘弁してもらいました。
一度ズルズルいってしまうと引き返せないので、キャッシングする前は、必ず本当に借りなければいけない状況かを確認するべきです。

一度借りるとその使いやすさと怖さが解ります

お金のイメージ飲み会や突然の出費などで家庭に内緒にしたい出費が重なってしまい、毎月のお小遣いのやりくりで苦しんでいます。
どうしても足りなくなったときは、泣く泣く親に相談して借りてはいましたが、度重なると心配されてしまいます。
そんな時いよいよ困り果てた末にネットで発見したのが、東京三菱UFJのバンクイックというカードです。

カードを作成したことや借りたことを絶対に知られずに利用できるキャッシングカードです。
今までキャッシングは経験がありませんでしたのでイメージ的にも怖くて利用出来なかったのが本音ですが「小額で一時的なしのぎの借り入れなら、たとえ高金利でも何とかなる」との思いで無人窓口へ出かけたのです。
するとカードの作成はあっけなく40分程で終わってしまいました。
事前に会社には連絡が行くことは承知でしたので、うまく女子社員に事情を説明して不振がられないようにしておきました。
大手銀行なので「カードを作るために連絡がある」とだけ伝えておけば問題は起こらないです。

さてカードを持った後はその使い勝手の良さに驚きます。
返済は確かに必要なのですが10万円借りても返済は2000円で済みます。
なのでついつい利用してしまって残高は増えていくばかりになりました。
借り入れの容易さから高金利であることを忘れ、残高を増やす要因になってしまいます。

計画的な人でないとお勧めできないカードですが、計画的な人は利用しないカードという考え方もあります。
しかし、短期的な利用ならばこれ以上に便利な借り入れ方法はないので、「急な出費時の為の保険」として持つことを薦めています。

無理のない返済計画はとても大事

カードを断裁する金融機関でお金を借りようと思った理由は、勉強会の支払いのため早急に現金が必要だったからです。
私が就いている職業が専門職の為、勉強会も高額になってしまい、その当時手持ちもそこまでなかったこともあり、やむなくお金を借りようと考えに至りました。

まず、どこから借りようかということで金融機関を調べてみたのですが、たくさんあってどうすればいいかとても悩みました。
まず最初は某銀行のカードローンに借入希望金額50万円で申し込みしましたが、10万円が上限とのこと。
もしかしたら自分が持っている銀行口座の子会社だったら審査が通りやすいかもしれないと思い、プロミスに希望金額の50万円で審査の申込をした所、すんなり通りました。

お金を借りるのが初めてだったのでとても不安でしたが、オペレーターの方が親切かつ迅速に対応してくださったので、無事に借りることができました。
支払期限が迫っていたんですが問題なく振り込みができて一安心したのを覚えています。
借りたお金も半年ほどで返済しそのまま持っておくと、なんでもない理由で使ってしまうのも怖いので解約しました。

私だけかもしれないですが、どうしてもあると甘えて何かの足しにと使いそうになります。
CMのうたい文句じゃありませんが、無理のない返済計画が大切なのと、使用用途をはっきりとさせておいた上で利用するのはとても便利だと思いました。

確実に無理なく返せる額で押さえる

家計簿のイメージカードローンで買い物をする際は、まずは本当に必要な出費であるかを考える事が大事です。
それでも必要であれば、毎月の返済額に本当に無理はないかを考えるといいでしょう。
例えば収入が毎月同じ金額決まってあるのであれば、その中から必要経費を引いた額以内で無くなっても困らない金額以内であるのか、収入が決まった額でないのであれば、確実に入ってくる額から必要経費を引いた額以内であるかを十分に考えて返済のシミュレーションをしてみるといいと思います。
あまり無理な返済計画は、結局途中で出来なくなる事があると思います。

私はローンを組んだ時あまり深く考えませんでした。
毎月この位の支払ならたいしたことはないだろうと思って5年ローンを組んだのですが、そのうちローンの存在も忘れていました。
その5年の間には収入も変わりましたし、生活にかかる必要経費も変わりました。
収入が途絶えた時等は、結局貯金を崩すなど補填しなければなりません。

借りる前に多少の貯金があるかどうかも大切だと思います。
そして完済迄はしっかりと出費を把握して、余裕が有る時にまとめて返せるように貯めておくとよいと思います。
長い返済期間の間に収入というのは色んな事情で途絶える事もあると思います。
そんな時に貯めておいた分が役に立つこともあります。

私がキャッシングをして助かった体験談

財布からお札を出す給料日からかなり遠い時に、急遽支払いで10万円程必要な状態になってしまいました。
最初は当時勤めていた会社に給料の前借りをしようとも思いましたが、やはり言い出せませんでした。
そこで思いきってカードローンを利用することにしました。

いろいろあるカードローンやキャッシングの中で、どこから借りるか悩みましたが、三井住友銀行グループであるアットローンで利用することにしました。
理由はと言うと、金利がこの当時1番安く、コンビニで契約ができてしまうのと、返済や借り入れなども三井住友銀行のATMでできてしまう手軽さなどです。
三井住友銀行の傘下ということも安心で、ある程度の信頼度もありアットローンで10万円を借りました。

カードを作った時、限度額は100万円ありました。
でも、その時必要だった10万円だけを借りて、何とかその時のピンチを脱出しました。
その後、返済となるわけですが、初月は3000円で、その後は2万円づつ返済しました。
何とか半年くらいで全額返済できました。
その後、実績ができたのか、限度額が上がっていたのにはびっくりしました。
その後もピンチになった時は、ちょくちょくアットローンを利用してはピンチを救ってもらっています。
カードローンは使いようでは凄く役に立ちますね。

キャッシング業者を比較する時に重視する内容

財布に入ったカードキャッシングを利用する時には、まず業者の知名度を重視します。
理由は大手業者であれば、ある程度安心感があることと店舗が多くて借りやすいからです。
無人のATMなども都市部で数多く見かけるので、利用しやすい印象もあります。

私の場合にはキャッシングをする金額が低いこともあり、審査が通りやすい業者を優先します。
例えば収入の証明がなくても良いところや、職場での本人確認がなく書類などで免除になるようなところです。
キャッシングをする上で職場に電話がかかってくることを避けたいので、このような選び方になります。
電話が頻繁にかかってくる会社であれば良いのですが、基本的に取引先が一定の会社になるため個人宛に電話がかかってくることはほぼないので怪しまれてしまうからです。

もし特に本人確認に支障がない場合は、他の要素も考慮したいと思います。
短期で返すつもりなら、初回限定や短期間のみ利息がつかないなどの利息が安くて済みそうなところを
業者を選びます。
いろいろと検討してみましたが、大手業者には比較的利息の優遇や審査の簡略化が行われていることが多いため、選択するなら全国区のキャッシング業者ですね。