月別アーカイブ: 2017年6月

キャッシング業者を比較する時に重視する内容

財布に入ったカードキャッシングを利用する時には、まず業者の知名度を重視します。
理由は大手業者であれば、ある程度安心感があることと店舗が多くて借りやすいからです。
無人のATMなども都市部で数多く見かけるので、利用しやすい印象もあります。

私の場合にはキャッシングをする金額が低いこともあり、審査が通りやすい業者を優先します。
例えば収入の証明がなくても良いところや、職場での本人確認がなく書類などで免除になるようなところです。
キャッシングをする上で職場に電話がかかってくることを避けたいので、このような選び方になります。
電話が頻繁にかかってくる会社であれば良いのですが、基本的に取引先が一定の会社になるため個人宛に電話がかかってくることはほぼないので怪しまれてしまうからです。

もし特に本人確認に支障がない場合は、他の要素も考慮したいと思います。
短期で返すつもりなら、初回限定や短期間のみ利息がつかないなどの利息が安くて済みそうなところを
業者を選びます。
いろいろと検討してみましたが、大手業者には比較的利息の優遇や審査の簡略化が行われていることが多いため、選択するなら全国区のキャッシング業者ですね。

完済を目指す為に必要な事と注意点と自己管理

お札と砂時計私も利用していますが一向に元金が減りません。
確実に減らしていくにはまず毎月決まっている入金額よりも1000円でも多めに返済する事です。
元金に対しての利息である為元金を少しでも減らしていく必要があります。
そして余裕のある時にはちょこちょこ返済していくのも重要だと思います。
月1回の返済では返しても返しても終わりは見えないからです。
余裕が出来ないのであればコツコツ月1回返済するしかないですが。

そこで注意しなければならないのが、返済すると利用可能枠がだんだん復活していきます。
そこでまたキャッシングをしてしまったら1から出直しなので、急な出費でも絶対にカードを利用しないと心に誓うべきです。
しかしそれが無理な方もいらっしゃると思います。
その時はカードを返済専用にしてもらう事です。
私はこの方法で完済した経験がありますのでオススメだと思います。

とにかく完済を目指すには自己管理能力だと思っています。
私も借りた当初は「絶対返せる、もう借りない」と思っていました。
しかし一向に借金は減らずに増える一方でした。
したがって最初の借金は致し方ないとしても、返して借りての繰り返しはせず、カードを作ったその日に追加借り入れは出来ないようにして、返済専用カードにした方が確実に完済に向かって行けると思います。

カードローンの利息は精神的にしんどかった

借金返済に悩む女性今から15年くらい前に両親の事業が失敗し、借金の一部を肩代わりする事になり、消費者金融5社から合計で約150万くらいのカードローンをしました。
何が辛かったかと言うと、やはり利息でした。
今でこそ問題が取り上げられて、法改正のおかげで低くなった金利ですけど、その当時の消費者金融の金利はとても高いものでした。

5社もあるので、週に一回は仕事休みにATMまで返済しに行っていました。
大きな額が払えるほどの余裕は当然なかったので、全社、最低返済金額だけを最初は支払っていました。
明細を見ると肝心の元金はほとんど減らない事に途中で気づき、これは終わらないと判断して、掛け持ちでバイトをしたりとがむしゃらに働きました。
当時はまだ20歳だったので、オシャレもしたいし、友達とも飲みや遊びと色々したい年頃でしたが、ほとんど我慢しました。

勿論食費や雑費等、その他生活費も全て節約し、切り詰めた生活を送るしかありませんでした。
休みのたびに返済に行っていたのですが、たまに体調不良や、仕事に疲れて行けない時があったりすると、すぐ担当者から催促の電話がくるので本当に大変でした。
こういった生活を送ること6年。
26歳で完済したのですが、気付けば返済総額は約400万円になっていました。

借りた150万円が約400万円ですよ。
利息のために長時間働いて、睡眠削って、色んな制限をして我慢しての生活は本当に肉体的にも精神的にも辛い期間でした。
完済した時、5枚のカードは全てハサミで切りました。
今ではあの辛い経験から、ローンはなるべく組まないようにし、組むとしても本当に必要な商品なのか!?
金利は大丈夫なのか!?
と、慎重に考えてから組むようにしています。