月別アーカイブ: 2017年1月

学費を補うためにカードローンを利用しました

ハブラシを持った歯のイラスト病院の事務員としてフルタイムで働いて四年目の時のことです。
職場で周りを見て国家資格を持っていないのは事務員だけだということが気になり始めました。
私にも何かとれる資格はないかと考え、歯科技工士という仕事に興味を持ち、夜間の専門学校に病院で働きながら入学をしました。

入学金60万円はボーナスで払い、一年間の授業料60万円は病院の給料から毎月5万円ずつためて払っていました。
三年目になり、専門学校の友達は昼間は歯科医院や技工所に勉強に行きはじめました。
わたしも行きたかったのですが、学費を払わなければならないので、なかなか病院を辞めることができませんでした。

しかしちょうど歯科医院を開業する先生と知り合い、そちらにお世話になることになりました。
ただ、見習い期間中。
まだ、国家資格はないので、給料は5万円ほどです。

これでは学費を払うことができない。親にも頼りたくない。
どうしようかと迷ったすえ、銀行でカードローンを借りることにしました。
審査に通るか心配だったのですが、その時はまだ病院を辞めておらず、県内でも従業員数トップの大きな病院だったこともあり、すぐに借りることができました。

借りてから少しして病院をやめて、歯科医院で働くことになりました。
おかげで病院の退職金と、カードローンで借りた30万円で三年目の学費を払うことができました。

その後、無事国家資格をとって卒業でき、歯科医院でそのまま就職もできて、毎月5万ずつ返済しました。
あの時は本当に借りてよかったです。
もしカードローンという手がなければ、仕事をかけもちするしかなかったと思います。

金融業者選びは重要だからこそ慎重に。

長財布私は実際にいくつかの金融業者から、キャッシングをした事がありますのでその経験からポイントを解説します。
まずは、カードローンやキャッシングと言いますが、大きく分けて2つの業者に分けることができます。

1つは銀行系の金融業者、もう1つは、消費者金融系の金融業者です。
2つの業者には違う部分がいくつかあります。

まずは金利です。
当然ですがカードローンもキャッシングもお金を借りたら返さなければなりませんが、その時に重要なのが金利です。
当然金利が低い方が返す額が少なくて済みます。
一般的には、銀行系の金融業者の方が金利が低い場合が多いが、業者やサービスによっても異なっています。
ですから、必ずお金を借りる前にしっかりと金利を確認しておく必要があります。

次に違う点が、借入限度額です。
消費者金融系の金融業者よりも、銀行系の金融業者の方が限度額が大きいのが一般的です。
大きな額を借りたい場合は銀行系の金融業者を選ぶのがお勧めですが、一定額以上を借りる場合は収入証明等が必要になりますのでその点に注意しましょう。
基本的に総量規制により年収の3分の1以上の借入は出来ません。

いくら必要なのかを明確にしておき、借りすぎないようにすることも大切です。
また、私の経験からですが返済日が決まっているものはよく確認した方がよいでしょう。
私は給料日が月末なのですが、毎月の支払いが27日になっていたのでお金のやりくりが大変でした。
必ず自分の給料日と返済日を確認しておきましょう。

カードローン利用前に必ず立ち止まること

stopの標識カードローンを利用していた私がお伝えしたいのは、カードローン利用前には必ず確認作業が必要ということです。
確認作業というのはその会社のカードローンの年利率や返済額、また返済日等、最初の利用時から発生すると思われる契約内容です。

私もそうでしたが、お金を借りる時点で切迫している状況なので契約内容をあまり見ずに、借りられると思ったらすぐに契約という方が多いと思います。
「数あるカードローン会社中から当社を選んでいただきありがとうございます」とカードローン会社から言われます。
何十、何百とある会社の中から選ぶのですからやはり少しでも返済額が少ない方がいいですよね。
でもその時すぐに借りられるという安心感で、すぐに利用に至るという人がとても多いのです。
カードローンを利用する前には、必ず立ち止まってこの会社でよいか見直すことが大切です。

結婚式の祝い金や学習資金、急な出費等で全うな理由があれば大丈夫ですが、一番危険なのはギャンブルや投資の為に借り入れをすることです。
「無くなったらまた借りればいい」と思ってしまったら最後、歯止めがききません。

私の場合は急な出費で要りようだったので3ヶ月で返済しましたが、知り合いの話を聞くと競艇にはまって借金を重ねて300万円近く返済額が残っているそうです。
この人も最初は少額の借り入れだったので利用する際は今一度本当に今必要なお金なのかと考えて利用しましょう。