月別アーカイブ: 2016年8月

キャッシングが怖いと言われる本当の理由

クレジットカードを持つ手簡単で便利になったというけれど、「キャッシングは怖い」と思っている人も多いですね。
確かに手続きは簡単になり、少額で利息のほとんどかからないプランが増えたなど、条件も以前より借りやすくなっているのは事実です。

 

最近のキャッシングの借り入れ理由は、「給料日前にピンチになった時、少しだけ借りる」といった感じでの利用が多く、返済をすぐに済ませれば実際に利息負担も少ないので、困ったときの便利なサービスくらいにしか考えていないことがほとんどです。

ですがその便利さゆえに、知らず知らずのうち利用が段々増えてきて、限度額になるまで使い続けてしまい、気が付いた時には100万、200万を超えていた!となるのです。

我に返って、ボーナス時期などに全額返済できればよいですが、それが無理であれば欲しいものや遊びに行くのを我慢して、給料から出せる限界の金額を返済に充てていくことになります。しかも返済が長引けば長引くほど、支払う利子の額が増えていきます。

 

キャッシングはATMでも、限度額までであれば簡単に引き出せます。

キャッシングが怖いと言われる本当の理由はここにあります。

自分の銀行からキャッシュカードで現金を引き出すのと、キャッシングの借り入れが感覚的に全く変わらないことで、キャッシングが借金であることがマヒしてしまい、ちょっと困っただけで安易に借り続けてしまうのです。遊ぶ資金作りにキャッシングを利用するケースも珍しくありません。

そして楽しいことに使うお金というのはあっという間になくなってしまうもので、また遊びに行くときにお金が足りずキャッシングから借りて…ということを繰り返した結果、いつの間にか借り入れ額が恐ろしい額面になっていくのです。

 

勿論きちんと計画的に利用すれば、本当に困った時にはとても便利で助かるものには違いありませんので、返済プランや本当に借りてまで必要なお金なのかをしっかりと考えた上で、うまくキャッシングを利用することは、本当に大切です。