負の連鎖に巻き込まれたら最後まで終わらない。

お金の怖さのイメージ初めの利用は、以前からクレジットカードのキャッシング等で返済が月々約3万円あったのがきっかけでした。
返済の金額が準備できず、消費者金融から借り入れをすることを決意しました。
月々の返済もそんなに負担にならないと思い借り入れをしたのが、間違いだったと思います。
最初の申し込みは5万円借りました。

一度申込を完了すると、後はわざわざ店頭の無人契約機の所に行かなくてもコンビニでも借り入れできて、とても便利な反面、計画的に利用していかないと直ぐに借金を増やす環境が整ったのです。
これで終わると思っていたのですが、また返済が迫ってくるとキャッシングを繰り返すようになりました。
その為、何かお金が必要になるとすぐ借りるようになりました。
お金があると勘違いしていた自分がいたのかもしれません。

そうすると負の連鎖でちょっとづつ借入金額も増えてきて、気づけば限度額まで借り入れをしていました。
月々の返済も難しくなってきて思いとどまったのですがまた、他社からまた借り入れを行おうとしていました。
毎月、返済日に怯えて過ごすようになっていました。

返済日が近づいてくると怖くなり、催促の電話も携帯にかかってきて、用意できないので無視していると家にまでかかってくるようになりました。
最終的には催告書も届き、こちらから返済は厳しいと言い、最低でも利息分だけでも払って勘弁してもらいました。
一度ズルズルいってしまうと引き返せないので、キャッシングする前は、必ず本当に借りなければいけない状況かを確認するべきです。