自己破産はデメリットを考えたら出来なかった。

壺の写真現在、約500万円の借金を抱えて事業をやっています。
返済の額も多いので、自己破産をしようかなと考えた事もありますが、様々なデメリットも多いことから、自己破産をせずに何とかやりくりをして生活をしています。

借りている500万円は、銀行系のカードローン、クレジットカード会社のキャッシングで、消費者金融系の企業からの借り入れはありませんので、金利が法外に高いという訳ではありません。
しかし500万円も借り入れがあれば、いくら金利が高くないとはいえ、それなりの金利はつきますし、なかなか元金が減ってくれませんので心が折れそうになってきます。

そんな時に、インターネットの記事で最近自己破産をする人が増えている事を知り、借金がチャラになって、やり直せるならば本当に良い制度ではないなと思い、少し調べてみました。
私は、本業が飲食、副業で古物をやっていますが、自己破産の事を調べていくと、自己破産をすると継続出来ない職業が出てくる事に気がつきます。

私がやっている古物業もその1つで、自己破産をしてしまうと古物事業が出来ません。
古物の収入を考えると、苦しくても地道に返済をした方が道が開けるのかなという印象を受けました。
インターネットなどでは、自己破産をして良かったなどと書かれている事が多いのですが、実際に職業の制限を受けたりデメリットとなる部分もあるのですから、良く考えた上で自己破産の判断をすべきだと思いました。
私は、こんな理由で自己破産計画を取りやめて、汗水を垂らして働いています。