会社によって違うカードローンの印象

高級な補正下着仕事を初めたさきで知り合った同僚からの紹介で下着を購入することになりました。
その当時の私にとっては20万円はとても大きな額で、まとまった金額を持っていなかったのでとても困りました。

他のみんなはリボ払いで買ってると言う話をされポイントもつくとゆうことでカードローンを利用しました。
カードローンは使ってもお財布からお金が出ていく訳ではないので、使った気がしないのではというイメージで作るのが怖かったです。

リボ払いの感想は1ヶ月に引かれるお金は少ないけど、なかなか返し終わらないという点です。
当時は月五千円でその他に利子がついて八千円ほど払っていました。
払っている金額と、期間も決まってないのでずっと払い続けている気分で私には合わないなと思いました。

結局最後には、残っている分を電話してまとめて払いました。
それからは一括設定に切り替えましたが、その後使う機会もないので利用は考えていません。
リボ払いはもう使用しようとは思わないです。

ですが、結婚した相手が楽天カードを利用していて、その人は一括決算の利用していました。
新婚旅行やほかの買い物を、そのカードで行っています。その他にも楽天ポイントはいろいろな場面で貯めることができるのでカードによっては、特典やポイントでオトクになるケースもあるようです。

そのポイントのおかげで自分の買い物もできたのでとても満足です。
会社によってこんなにもかわるのかと勉強になりました。