一度借りるとその使いやすさと怖さが解ります

お金のイメージ飲み会や突然の出費などで家庭に内緒にしたい出費が重なってしまい、毎月のお小遣いのやりくりで苦しんでいます。
どうしても足りなくなったときは、泣く泣く親に相談して借りてはいましたが、度重なると心配されてしまいます。
そんな時いよいよ困り果てた末にネットで発見したのが、東京三菱UFJのバンクイックというカードです。

カードを作成したことや借りたことを絶対に知られずに利用できるキャッシングカードです。
今までキャッシングは経験がありませんでしたのでイメージ的にも怖くて利用出来なかったのが本音ですが「小額で一時的なしのぎの借り入れなら、たとえ高金利でも何とかなる」との思いで無人窓口へ出かけたのです。
するとカードの作成はあっけなく40分程で終わってしまいました。
事前に会社には連絡が行くことは承知でしたので、うまく女子社員に事情を説明して不振がられないようにしておきました。
大手銀行なので「カードを作るために連絡がある」とだけ伝えておけば問題は起こらないです。

さてカードを持った後はその使い勝手の良さに驚きます。
返済は確かに必要なのですが10万円借りても返済は2000円で済みます。
なのでついつい利用してしまって残高は増えていくばかりになりました。
借り入れの容易さから高金利であることを忘れ、残高を増やす要因になってしまいます。

計画的な人でないとお勧めできないカードですが、計画的な人は利用しないカードという考え方もあります。
しかし、短期的な利用ならばこれ以上に便利な借り入れ方法はないので、「急な出費時の為の保険」として持つことを薦めています。