キャッシングリボ払いで10,000円を10回借り続けると

2枚のクレジットカードカードに付いてるキッシングリボ払いで毎月10,000円を10回借り続けたら10か月後はどうなっているでしょうか?
リボ払いのCMのキャッチコピーは毎月簡単お金の管理と言う具合に10,000円借りて毎月10,000円引き落とされるから、10か月後は借りた10,000円が残っていて新規にキャッシングしなければにこにこ返済完了なイメージですね。
では実際にカード会社の一般的なものと思われるキャッシングリボの金利17.880%で毎月の残金を計算してみましょう。
単純に利息は残金×利率÷12で計算しています。

1か月目新規借入10,000円、残高10,149円
2か月目新規借入10,000円、返済10,000円(元金9849円、利息151円)、残金10,310円
3か月目新規借入10,000円、返済10,000円(元金9847円、利息153円)、残高10,463円

10か月目新規借入10,000円、返済10,000(元金9830円、利息170円)残高11,600円

10か月目をみると借入残高は11,600円になっています。
借りたときにATM手数料が216円取られてしまいますので10ヶ月でトータル100,000借りましたが、手取りは実際に97,840円です。
一方支払は90,000円返済してさらに残高が11,600円残っているので単純に101,600円返済することになります。

最後の10,000円を返済して完了かと思われ勝ちですが、実は1,600円返済が残っていて1600×17.880%÷12=14.9となり毎月利息がかかる仕組みになるのです。
簡単に計算しましたので計算間違いがあるかもしれません。
ただリボ払いは簡単ですが複雑な計算方式になっているのでいつのまにか利息が膨らんでいる可能性があるなで毎回明細をチェックしたほうがいいと思います。